外国為替証拠金取引FXは私の生活の一部です。
投資の手法は様々ありますが、資金効率が良く、ルールが単純で、24時間参加できて、流動性が高いという投資手法はFXが抜群です。
まず資金効率ですが、個人投資家はレバレッジ25倍までの取引ができます。
これは100万円軍資金があれば2500万円分の取引ができるということで、大きな勝負ができるのです。
またルールは下がると思えば売り、上がると思えば買えばいいだけですし、株式取引のように多数の銘柄に目移りすることはありません。
通貨のペアの選び方ですが、自国通貨の円を主軸に後はドル、ユーロ、ポンド、オージー、キウイ、ランドの中から選択するだけなので簡単です。
取引の時間はシドニー、東京、ロンドン、ニューヨークなど世界の各市場が時差の関係で次々にオープンしていくので24時間取引可能です。
時間のないサラリーマンでも夜にじっくり取り組めるというのがいいところです。
流動性がいいのも魅力です。
不動産などは一度買いこんでしまったら転売しようと思ってもなかなか買い手がつきません。
FXは世界中に参加者がいるので売買のチャンスはいつでもあります。
このように魅力のあるFXですので私もマーケットに参加し取引にいそしんでいます。
自民党政権になってからはアベノミクス政策のため必要なかったのですが、民主党政権時代には政府日銀の介入ってけっこうありました。
介入すると一度に何円も円安に動くので、1回の介入につき30万円くらい儲かったことがあります。
これは政府日銀が確実な円売りドル買いの相手をしてくれるからで、こういう強力な買い手がいる場合は安心して円を売ることができ儲けるチャンスをつかむことができました。
相場の一寸先は闇とよく言われますが、こういうわかりやすい時にマーケットに参加をするのが勝つ秘訣と思います。
成功体験も失敗体験も多数しています。
結論としては勝てそうな時だけ参加するというのが、これから始めようとする人にはお勧めです。